見出し画像

「ロシアの暗黒史」手嶋龍一 今月買った本

文藝春秋digital

ロシアの暗黒史

ウクライナで残虐な戦争を続けるプーチンにとって最大の権力基盤であるFSB(連邦保安庁)でいま異変が起きている。ロンドン・タイムズ紙はウクライナの諜報を担うFSB第五局の150人が職を解かれ、ベセダ局長は先々月自宅に軟禁された後、収監されたと報じた。短期でウクライナ制圧は可能だと分析したFSBの報告がプーチンの判断を誤らせたとして責任を問われたのだろう。

情報コミュニティに精通するロンドン・タイムズ紙は、今回の追放劇を1930年代の惨劇にダブらせて“スターリン流の大粛清だ”と表現している。FSB局長が収監されたのは、その名を聞くだけで誰しも震えあがるレフォルトヴォ収容所だった。ベン・マッキンタイアーはノンフィクションの大作『ソーニャ、ゾルゲが愛した工作員』で、この悪名高い収容所を扱っている。20世紀最高のスパイと謳われるゾルゲに見いだされて赤軍の諜報員となり、30年代の上海、奉天で活躍した暗号名ソーニャことウルズラ・クチンスキー。彼女はスターリンの恐怖政治が沸点に達していたモスクワに呼び戻されたのだが、諜報組織の上司や同僚が毎日のように一人またひとりと消えていった。

そのさなかにソーニャは初代国家元首を務めたカリーニンから赤旗勲章を受けたのだが、わずか1年後にはユダヤ人の彼の妻も逮捕されレフォルトヴォ収容所で拷問を受けている。スターリンは軍と情報機関の幹部ら154万人を捕らえ、68万人を処刑した。赤い諜報員は炎が燃えさかる煉獄のなかを生き延びたのだった。

この続きをみるには

この続き: 938文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを配信。月額900円で記事が読み放題&イベント見放題のサービスです。

購入済みの方はログイン

東浩紀、小泉悠、成田悠輔、鈴木エイト…旬の論者がホンネを語る生配信が充実