ざんねんなわたしたち|今泉忠明
見出し画像

ざんねんなわたしたち|今泉忠明

文・今泉忠明(動物学者)

このところ世間には「ざんねんな」人が次々と現れ、「ざんねんな」出来事が増えている。嘘をつく、欲が深いなど、ヒト特有の習性が一部の人間に現れたものだ。そんなことの多い世の中に『ざんねんないきもの事典』が発刊されたものだから、当初はこの手の「ざんねんな」、つまり人間から見て軽蔑すべき生き物の事典と思われた人々が多かったようだ。アンケートはがきで寄せられた感想などを読んでわかった。

たとえば「『ざんねんな』という言い方が気に入らず購入を悩みましたが、年長の息子の食いつきがよく、ひとりで文字を読む練習にもなると思い購入しました」とか、「『ざんねん』なんて言い方、ちょっとひどいwwって思いましたが、子どもの『なんで?』『どうして?』を満足させるおもしろい本です」などと、「ざんねん」を本来の意味に近いマイナスのイメージに捉えていたようだ。

しかし、子どもたちはそんなことは関係なく読んでくれたことがわかる。
「タイトルに『ざんねん』とかいてあったので、何が残念なのか……。とにかく読んでみましたが、とても面白かったです」、「小学4年生の娘が夢中になって読みました。いろいろな『ざんねん』さんがいて、とても面白いです。親子で思わず『へぇ〜』と言ってしまいます(笑)」と、タイトルの意味を感じ取ってくれた親子。さらには、「『クジャクの羽は長すぎてじゃま』『サイの角はただのいぼ』『イルカは眠るとおぼれる』……。進化の結果、なぜかちょっと残念な感じになってしまった生き物たち。とてもおもしろい本でした」と、タイトルの意味をより具体的に捉えてくれた子どもたちも少なくなかった。

そう、ここで言った「ざんねん」は人間の上から目線ではなく、「ちょっと残念だったね、次は頑張ろう」くらいの軽いもので、生き物の進化から取り残されたものたちでも立派に生きていることを子どもたちに知らせたかったのである。生き物は進化したものこそが素晴らしく、最終的に生き残るのだ、などと早合点している人が多いが、この地球上には進化したものから原始的なままのものまでみんな生きている。いろいろな生き物がいることが生物多様性であり、お互いに関わりあって生きているのである。

この続きをみるには

この続き: 862文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。