見出し画像

染野太朗「恋は静止画」 短歌

©iStock.com

渡るとき生きもののよう歩道橋すこし震えているのがわかる

もう晴れてきた西のほう この秋もきみは筋トレしてるだろうか

下倉楽器(シモクラ)にしばし見上げつ秋光(しゅうこう)をはじいて白きテレキャスターを

きみでなくぼくを信じていなかった ELLEGARDEN〈虹〉の爆音

コーヒーの湯気たちまちにほどけゆくスタバの隅のカウンター席

筋トレをきみに教わりいちねんで一〇キロ増えたぼくのからだは

落日にまなこ焼かれてつむれどもなおも焼かれて 恋は静止画

続きをみるには

残り 0字
noteで展開する「文藝春秋digital」は2023年5月末に終了します。同じ記事は、新サービス「文藝春秋 電子版」でお読みいただけます。新規登録なら「月あたり450円」から。詳しくはこちら→ https://bunshun.jp/bungeishunju

文藝春秋digital

¥900 / 月

月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に配信。月額900円。(「文藝春秋digital」は2023年5月末に終了します。今後は、新規登録なら「…

「文藝春秋digital」は2023年5月末に終了しました。今後は「文藝春秋 電子版」https://bunshun.jp/bungeishunju をご利用ください