新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

【55-社会】「専門知」は万能ではない 今、求められる「総合知」の力|辻田真佐憲

文・辻田真佐憲(近現代史研究者)

専門家崇拝の危険性

コロナ禍は、専門家の重要性とともに、その危うさも明らかにした。“8割おじさん”こと、京都大学の西浦博教授はその代名詞ともなった接触8割削減について「あの緊急事態で日本は法的にロックダウン(都市封鎖)できなかった。スローガンを作って流行制御するしかない。専門家で僕しかその評価はできないのだから踏み込んだのです」と振り返っている(『AERA』9月28日号)。

西浦の言動は効果覿面(てきめん)だった。自粛ムードが醸成され、街からは人影が消えた。なるほど、これは一面で日本の危機を救った英雄的行為だったかもしれない。だが同時に、その専門である理論疫学の範囲を明らかに逸脱した、政治的な動きだったともいえる。

ロックダウンやそれに類する規制は、政治・経済・社会・文化さまざまな分野に多大な影響を及ぼし、場合によっては人々の生活を破滅に追い込んでしまう。だからこそ、民主的に選ばれた政治家が、厳格に管理された公文書にもとづき、さまざまな専門家の意見を聞きながら、最後はみずから責任を取るとの覚悟のもと、行うべきなのだ。そうではないものが、専門家の権威を用い、スローガンで日本社会特有の同調圧力を煽って、みずからの考えを実現しようとするのは、コロナ禍以外の例を考えればすぐわかるように、たいへん危ういといわざるをえない。

筆者はここで西浦個人を批判したいのではない。問題なのは、“8割おじさん”を可能ならしめた、われわれの社会がもっているところの、権威主義的な専門家崇拝のほうである。

専門知が大切なのはいうまでもないが、それはけっして万能ではない。寿命にも能力にも限りがある人間は、あらゆることに対して学術的に精緻で厳密な態度では臨めない。にもかかわらず、非常時における政治家のように、しばしば社会全体にかんする深刻な判断を迫られてしまう。

そのときに役立つのが、作家や評論家が得意とする物語、あるいは総合知だ。総合知は、細分化された専門知をまとめあげて、「これくらいでいいのではないか」という大まかな見取り図を提供する。政治家にせよ、官僚にせよ、経営者にせよ、あるいは一般の有権者にせよ、日々の判断で参考にするのは、もっぱらこの総合知にほかならない。専門知はこの総合知を媒介にすることで、はじめて正しく社会的な影響を及ぼすことができる(いうまでもなく、「偉い先生やマスコミが言っているのだから」は、専門知でも総合知でもない。そのような権威主義は、「人気の政治家が言っているのだから」という事大主義にも容易に転化する)。

この続きをみるには

この続き: 1,425文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
ピンチをチャンスに変える力――それが「教養」だ! これ1つで、小論文対策をしたい高校生、レポートに困っている大学生、豊富な知識を身につけたいビジネスマンまで幅広くサポート。教養人に必須のマガジンです。

【12月1日配信スタート】毎日、朝晩2本の記事を配信。2021年の日本、そして世界はどうなる? 「文藝春秋」に各界の叡智が結集。コロナ禍で…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。