文藝春秋digital
ビッグマックとプーチンの戦争 佐々木正明(大和大学社会学部教授)
見出し画像

ビッグマックとプーチンの戦争 佐々木正明(大和大学社会学部教授)

文藝春秋digital
文・佐々木正明(大和大学社会学部教授)

ソ連崩壊前後、モスクワ名物の一つと言えばマクドナルドだった。ジョージ・H・W・ブッシュ政権時代、アメリカの本社は1990年1月にモスクワの目抜き通りに1号店を作った。

共産党政権が崩壊したのはその1年11か月後である。人々は、「M」の看板の下で資本主義の味を求めて行列を作った。初日には氷点下10度にもなる極寒の中、5000人が並び開店を待ったという。

ビッグマック、フライドポテト、コカ・コーラのセットは当時の庶民にとって高嶺の花。しかし、店にはあこがれのアメリカ文化に触れようとする人々の熱気があふれた。

数々の逸話が語り継がれている。並ぶだけのアルバイトも存在したし、ハンバーガー食べたさにシベリアからわざわざ飛行機でやってきたお金持ちもいたという。

何よりもマクドナルドの店員の笑顔は、上から目線でお高くとまったソ連式の無愛想な店員たちに変革をもたらした。顧客に心地よいサービスを提供するという商習慣は、この店から始まったと言っても過言ではない。

マクドナルドと並んで、赤の広場近くに店を構え、人気を博したのはやはりアメリカのファーストフードチェーン、ピザハットだった。ソ連崩壊後、ピザハットはミハイル・ゴルバチョフ元ソ連大統領を登場させるテレビCMを作った。

赤の広場を歩くゴルバチョフ氏と1人の少女。2人は店内に入り、ピザを注文する。すると、家族連れで訪れていたお父さんが「ゴルバチョフだ」とささやき、「経済の混乱は彼のせいだ」と吐き捨てるように言う。息子は「彼のおかげで、新しい可能性があるんだ」と目を輝かせる。

口論が激化していき、お祖母ちゃんがこう言って、二人を諫めた。

「彼のおかげで、(モスクワには)いろんなものがあるじゃない。ピザハットのように」

そして、周りの客が「ゴルバチョフのために!」と言ってこの新しい時代に祝福をささげて、CMは終わる。

マクドナルドもピザハットも冷戦時代の終わりを告げるモスクワのシンボルだった。

この続きをみるには

この続き: 888文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。