新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

バイデン政権レームダック化の危険とつきまとうトランプの“亡霊”|飯塚真紀子

在米ジャーナリストの飯塚真紀子さんが、アメリカ大統領選を取材しながら「バイデンがトランプに大敗している」と感じたこととは、一体何だったのか――。
【選んだニュース】「バイデン政権、レームダック化の危険」(11月5日、英フィナンシャルタイムズ紙/筆者=エドワード・ルース)

旬選ジャーナル1(飯塚真紀子)顔写真

飯塚真紀子さん

 大統領にとって、重要な資質とは何だろう? 米大統領選を取材しながら考えた。民主党支持者はバイデンに投票した理由をこう話した。「バイデンは国民の痛みをわかってくれる」。

 一方、トランプに投票した人はこう話した。「トランプはたくさんの選挙公約を果たしてくれた。信頼できる人物だ」。

 大統領にとって重要な資質は、共感力なのか、それとも実行力なのか? 結果的にバイデンが勝利したということは、コロナ禍で人々が気弱になっている今、共感力が勝ったということだろうか?

 しかし、バイデンはある点でトランプに大敗していると感じた。バイデン支持者はトランプ支持者ほどの狂信的な熱狂を発していなかった。

「トランプではないから」という理由でバイデンに投票した人もいたし、「どちらか選べと言われたらバイデンだから」と言う人もいた。つまり、バイデン支持者にとって次期大統領は“必ずしもバイデンでなくても良かった”わけだが、トランプ支持者にとっては“絶対にトランプでなくてはだめだった”のである。トランプがポピュリストたる所以ともいえるが、この求心力の差がトランプの7100万票を超える得票に繋がったのだ。

 英紙フィナンシャル・タイムズの記事「バイデン政権、レームダック化の危険」はバイデンの求心力の弱さと、政権の今後を的確に予測していると思う。

この続きをみるには

この続き: 954文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
6
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。