「金融」は明治時代に日本で作られた新漢語 日本語探偵|飯間浩明
見出し画像

「金融」は明治時代に日本で作られた新漢語 日本語探偵|飯間浩明

文藝春秋digital
国語辞典編纂者の飯間浩明さんが“日本語のフシギ”を解き明かしていくコラムです。

【き】「金融」は明治時代日本で作られた新漢語

金融分野でも競争力が低下している日本。この国がふたたび世界の金融センターとなる時代は来るのだろうか。

などと深刻に書きましたが、そんな話は私の専門外です。ここでは「金融」ということば自体を取り上げます。

「金融」を辞書的に言えば、資金が貸したい人から借りたい人へと流れること、または、流れるようにすることです。難しい概念のようですが、ことばの成り立ち自体は難しくありません。

明治時代の三遊亭円朝の落語に〈ほかからあづかって居(お)る金を融通しやう〉(「業平文治漂流奇談」1889年)というせりふがあります。金を都合をつけて貸してやるのが「金の融通」。略して「金融」です。「金融」には、もともと日常的な、平易な語感があったのです。

「融通」ということばは、元は「滞りなく通ずる」という意味の中国語ですが(「融通無碍むげ」なんて言いますね)、日本では中世から「ゆうづう」「ゆづう」の形で普通に使われました。江戸時代の式亭三馬「浮世風呂」では、隠居の爺さんが、金銀は使うときに使わねば〈融通ゆづうが悪い〉(=やりくりに困る)と言っています。日常語なのです。

この続きをみるには

この続き: 509文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。