見出し画像

朝井リョウ×遠野遥 “平成生まれ初”芥川賞&直木賞対談「新世代の看板を下ろすとき」

2009年、20歳で『桐島、部活やめるってよ』で小説家デビューした朝井リョウ氏は、13年に就職活動中の大学生を描いた『何者』で第148回直木賞を受賞する。選考委員の一人である宮部みゆき氏はその執筆姿勢を、「大きな勇気と人間の善意を信じる寛容な想像力がないとできない。この若さでそれができることに感嘆しました」と称賛した。

遠野遥氏は、19年に第56回文藝賞を受賞しデビュー。昨年には2作目『破局』で、28歳にして第163回芥川賞を受賞した。公務員試験の勉強をしながらラグビーとセックスに打ち込む大学生を描いた作品は、得体の知れない主人公の造形と、徹底して客観的な視点を持った文体が注目され、単行本の帯には「新時代の虚無」との言葉が躍った。ともに「平成生まれ初」の受賞者である2人は今回の対談が初対面となる。

画像2

朝井さん(左)と遠野さん(左)

芥川賞、直木賞のイメージにギャップ

朝井 近頃、若い作家が注目される機会が増えているということで、「20代、30代の作家はどんな考えの持ち主なのか話し合ってほしい」とオファーをいただきました。

今回芥川賞を受賞された宇佐見りんさんも21歳と大変お若い方ですが、その層の書き手と芥川賞、直木賞というもののイメージにギャップがあるようです。まずは受賞前後の変化について語ってほしい、と。遠野さんは、芥川賞を受賞されたことで変わったことはありましたか。

遠野 宇佐見さんは新人賞を同時受賞してデビューした、いわば同期作家なので、芥川賞の受賞はとても嬉しいです。宇佐見さんの第1作『かか』、芥川賞を受賞した第2作『推し、燃ゆ』ともに何歳で書いたとしてもすごい作品であることには変わりないんですが、年齢に注目して騒ぐ人も一定数いますよね。

私の話ですが、生活は変わりませんね。ライフスタイルが一変するほどのお金が入ってくるわけでもありませんし。唯一、変わったのは今回もそうですけど、対談やインタビューが組まれ、作家に限らずいろいろなジャンルの方とお話しする機会が増えたこと。昨日は深夜4時くらいまで2時間、知り合いと電話していました。

朝井 もとからの友人ではなく?

遠野 受賞会見を見てSNSで連絡をくれた人です。

朝井 2時間、話し続けているんですか?

遠野 私は小説を書いていました。電話をつないだままキーボードを打っていて、時々、「そういえばさ、」と話しかける感じ。おたがい無言の時間も結構あります。

朝井 いいですね。私も大量に自炊をするときなど友人と電話をするのですが、相手にも同じような単純作業がないと申し訳なくなっちゃうんです。気が向いたら話しかける形式の電話、いいですね。

画像3

宇佐見さん

受賞翌日の幻の祝勝会

遠野 朝井さんが直木賞を受賞されたとき「平成生まれ初」や「戦後最年少」などと騒がれましたが、周りの反応はどうでしたか。

朝井 当時、私は会社員1年目でしたが、受賞翌日、ある同期から初めてランチに誘われたんです。祝ってくれるなんて嬉しいなと思っていたのですが、食事中、なかなか直木賞の話題にならない。照れているのかと思っていたら、食後、「今日は、朝どうやって起きてるのか教えてほしくて誘ったんだよね」と言われたんです。

遠野 どういうことですか?

この続きをみるには

この続き: 6,216文字 / 画像3枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。