菊池寛賞発表

NHK「おかあさんといっしょ」の菊池寛賞受賞を喜ぶ 齋藤孝「60年の共感」【全文公開】

画像1

齋藤孝(教育学者)

 受賞おめでとうございます! なくてはならない国民的番組、それが「おかあさんといっしょ」です。毎日見ていて全く飽きない魅力と、圧倒的な安心感。子どもに何を食べさせていいのか、何を見せていいのか。大人とは比較にならない安全性が求められます。その高度な安全基準と魅力を両立させて60年!

 60年と言えば、3世代。自分も見て育ったから子どもにも、そしてその子どもも親になり子どもに見せる。いわば「60年の共感」です。記憶は無意識にまで沈澱して、世代を超えた共通感覚が形成されています。

 私も子育てをしていた時、毎日見ていました。おとうさんもいっしょの毎日。歌を気に入ってCDも買いました。子どもたちは保育園幼稚園で歌うので、見ていることは大前提。手遊び歌も大好き。番組をマネして、歯を磨き、パジャマに着替えたがる。体操もいっしょにやる。幼児の常識を当たり前に毎日お届けするのは、計り知れない貢献です。

 私は同じEテレで「にほんごであそぼ」の総合指導を17年ほど務めていますが、「おかあさんといっしょ」は北極星です。Eテレの幼児番組に求められる安全基準は、格段に高いので、文言1つ決めるのにも、細心の注意が必要です。しかも、子どもたちが喜ぶようなものを作る。これを半世紀。偉業です。

 芭蕉に不易流行という言葉があります。変わらぬ不易に加えて、流行という新しい感覚が必要。「変わってないなあ」という懐かしさに、新しさも加えていく。この塩梅が絶妙です。次は「100年の共感」をめざしてください。

画像2

NHK「おかあさんといっしょ」 ⒸNHK



【編集部よりお知らせ】
文藝春秋は、皆さんの投稿を募集しています。「#みんなの文藝春秋」で、文藝春秋に掲載された記事への感想・疑問・要望、または記事(に取り上げられたテーマ)を題材としたエッセイ、コラム、小説……などをぜひお書きください。投稿形式は「文章」であれば何でもOKです。編集部が「これは面白い!」と思った記事は、無料マガジン「#みんなの文藝春秋」に掲載させていただきます。皆さんの投稿、お待ちしています!

▼月額900円で月70本以上の『文藝春秋』最新号のコンテンツや過去記事アーカイブ、オリジナル記事が読み放題!『文藝春秋digital』の購読はこちらから!


この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……発行部数No.1の総合月刊誌『文藝春秋』が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツをお届けします。シェアしたくなる教養メディア。

文藝春秋digital

月額900円

月額900円で月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入より…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
4
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

こちらでもピックアップされています

文藝春秋digital
文藝春秋digital
  • ¥900 / 月

月額900円で月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。