スターは楽し イーサン・ホーク |芝山幹郎
見出し画像

スターは楽し イーサン・ホーク |芝山幹郎

変更_イーサン・ホーク

イーサン・ホーク
ロイター=共同

中庸と凡庸のちがい

イーサン・ホークは、スライダー投手を連想させる。それも、高速スライダーで打者を威圧する剛球派ではなく、精緻なコーナーワークを駆使するタイプ。あるいは、ストライクからボールに逃げていく横の変化で打者を仕留めるタイプ。

といっても、魔術的な感じはしない。引き技を凝らして打者を翻弄する印象も与えない。ただ、制球力は抜群だ。球ひとつ分の出し入れで長打をかわし、凡打を誘う。コース取りが巧みできわどい。

言い方が玉虫色になるのは、ホークが玉虫色の役者だからだ。思い出していただきたい。『ガタカ』(1997)、『トレーニング デイ』(2001)、『魂のゆくえ』(2017)――どれも印象のくっきりとした映画だが、正方形のホークや円形のホークはなかなかそこに見つからない。むしろ彼は、菱形や楕円形に見える。意外な場所に隠れたり、真ん中にいても平然と気配を消したりする。

デビューしたてのころは、そうでもなかった。才気やとんがりを感じさせる、鋭敏な若者。ただ、同世代のリヴァー・フェニックスやエドワード・ノートン、あるいはマット・デイモンあたりに比べるとやや線が細く、奇矯で危険なイメージも薄かった。進む方向も見えづらい。

イーサン・ホークは1970年、テキサス州オースティンに生まれ、ニューヨーク周辺で育った。両親は、彼の幼時に離婚した。名前が出はじめたのは『いまを生きる』(1989)からだが、私が身を乗り出したのは『ビフォア・サンライズ/恋人までの距離(デイスタンス)』(1995)だ。

いうまでもないが、ホークはこの映画で初めてリチャード・リンクレイター監督とコンビを組んだ。以後、ふたりは都合8本の作品で協働してきた。〈ビフォア三部作〉はもちろんのこと、『テープ』(2001)や『6才のボクが、大人になるまで。』(2014)など、両者が手を組んで作り上げた映画は、丹念なコーナーワークとニュアンスを感じさせる。

なかんずく、私は〈ビフォア三部作〉を好む。95年の第1作にはじまり、『ビフォア・サンセット』(2004)、『ビフォア・ミッドナイト』(2013)と9年おきに撮られた三部作。主演はいずれもホークとジュリー・デルピーで、彼らはリンクレイターとともに脚本も練り上げた。その呼吸は、波長を合わせつつ、ときおり微妙にずれる。それを体感できるのがこのシリーズの醍醐味だ。

この続きをみるには

この続き: 1,362文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。