文藝春秋digital
山本五十六 真珠湾攻撃の真価 野中郁次郎 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

山本五十六 真珠湾攻撃の真価 野中郁次郎 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
連合艦隊司令長官として真珠湾攻撃を指揮した山本五十六(1884~1943)。『失敗の本質』著者・野中郁次郎氏による新しい山本評。/文・野中郁次郎(一橋大学名誉教授)

野中郁次郎(筆者)

野中氏

山本五十六には、真珠湾の成功ゆえの名将評価がある一方、戦争開始や真珠湾以降の作戦指導責任をもって凡将だという毀誉褒貶相半ばする評価がある。しかし、こうした評価は、軍人山本を軍事の観点から分析・評価したものではない。日本では欧米のように戦争や軍の本質を理解した研究は極めて稀であり、山本五十六評も例外ではない。

軍人山本の能力を戦術・作戦・戦略の3段階で評価すると、作戦レベルでは、航空戦力未整備な段階での短期戦である真珠湾攻撃は最適解であろう。しかし、真珠湾以降のミッドウェー海戦やガダルカナル戦役は、連合艦隊の目的の不明示、兵力の分散、航空優勢の不徹底等問題が多く、統率という面でも山本の「無口」は隷下部隊の作戦方針の理解を困難にさせ、実戦における錯誤を招き、高い評価はできない。

山本五十六

山本五十六

この続きをみるには

この続き: 423文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。