見出し画像

歩きながら思考する|ハルノ宵子

著名人が父親との思い出を回顧します。今回の語り手は、ハルノ宵子(漫画家)です。

吉本隆明ってオヤジ、人様にはどんな風に映っていたのだろうか? 若い人にとっては、もはや歴史上(?)の人物みたいなもんで、名前くらいしか知らない、思想家のスゴイ人だろう。かつての論敵にとっては、とにかく執念深い、こじらすとやっかいな狂犬みたいなヤツ、だったことだろう。付き合いのあった編集者の方々にとっては、エラぶったとこの無いフラットな人、でも“地雷”を踏んだら取り返しのつかない(しかもそのスイッチが、どこにあるのかまったく分からない)、どこか気が抜けない人間だったに違いない。

街の人にとっては、ただのオジサンだ。照れ屋で不器用だから、冗談を飛ばすような洒脱さとは程遠いが、買い物カゴ下げて商店街をブラつき、八百屋の大将や魚屋のカミさんと言葉を交わすのは、父にとっても愉しい時間だったようだ。

この続きをみるには

この続き: 638文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

知と教養のプラットフォーム。一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
17
一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。