見出し画像

【歌舞伎町ビル火災】和解交渉人「20年後の告白」

歌舞伎町ビル火災は、2001年(平成13年)9月1日未明、東京都新宿区歌舞伎町の雑居ビル「明星56ビル」で起きた。3階の麻雀ゲーム店「一休」、4階の風俗店「スーパールーズ」両店の従業員、客、44名が犠牲になり、平成史上最悪の火災事故になった。

出火原因は未だはっきりとせず、幾つもの噂が流れた。/文・本橋信宏(作家)

平成史上最悪の火災事故

「空から人が降ってきた」

下にいた通行人が、思わず自殺志願者だと勘違いした。

歌舞伎町一番街の雑居ビル、明星56ビル3階にある麻雀ゲーム店「一休」の窓から男が道路に落下した。黒い煙に巻かれ、逃げ場を見失った従業員が必死の思いで窓から飛び降りたのだ。

直後、窓から黒煙と炎がたちこめ、あたりはパニックに陥った。

いったい何人の客がいたのか不明のまま、消火・救出活動がおこなわれ、時間がたつにつれて犠牲者の数が増えると、近年まれに見る惨劇だと人々が気づきだした。

“空から降ってきた”「一休」男性従業員T(35)の供述調書が、出火時の模様をリアルに記録している。

〈私から見て、13番ゲーム機の左側通路上の、ゲーム機より少し高い位置に幅2、3センチの黒い煙の筋が1、2本動いて、店の奥に向かっているのを見つけました〉

外からの黒煙が出入り口ドアの隙間から侵入してくるのに不安を感じたTがドアを開けた。すると――

〈エレベーター前のフロアーは、黒い煙で覆われ、その煙がまるで生き物のように動いているのが目に入りました。

そして、私がドアを開けた瞬間、その煙が開放した出入口の上の方から店内に向かって入ってきました〉

黒い煙が天井を這うようにして一気に店内に侵入してきた。

画像1

火災のあった明星56ビル

「出口はないのか」

従業員が「火事だー! 水!」と叫び、バケツに水を汲み消火活動をはじめた。

この続きをみるには

この続き: 6,627文字 / 画像2枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。