新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

世界経済の革命児 オードリー・タン|大西康之

ジャーナリストの大西康之さんが、世界で活躍する“破格の経営者たち”を描く人物評伝シリーズ。今月紹介するのは、オードリー・タン(Audrey Tang、台湾IT担当政務委員)です。

202101世界経済の革命児顔写真(オードリー・タン)※共同通信フォトから取りました

オードリー・タン

「好意」で国家を救うシビックハッカー

アジアを代表するシビックハッカーである。シビックハッカーとは、国家や企業に頼らずプログラミングの技術で社会の問題を解決する市民技術者を指す。

彼女の名前は唐鳳(オードリー・タン)。生まれた時に両親がつけたのは男らしい唐宗漢という名前だったが、2005年に「自らの性認識は体と異なる女性だ」と公表し、唐鳳に改名した。35歳のとき、台湾の蔡英文総統にその手腕を見込まれ、内閣にあたる行政院の政務委員(閣僚)に登用された。部門を超えて行政や政治のデジタル化を主導する役割を期待されてのことだ。

唐の名前が世界に轟いたのは2020年2月。新型コロナウイルスの感染拡大で台湾でもマスク不足が問題となり、日本同様、「購入できないかもしれない」という不安が広がりつつあった。

IT担当政務委員の唐は、保健当局と協力し、薬局のマスク在庫データをほぼリアルタイムで公開するシステムを作り上げた。これは台湾のシビックハッカーたちがそれぞれインターネット上にアップしていた在庫情報を「マスク在庫情報プラットフォーム」というサイトにまとめたもので、政府のデータと組み合わせることで、どの薬局、どのコンビニに行けばマスクが手に入るかをわかりやすく市民に知らせた。

この続きをみるには

この続き: 1,202文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
18
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。