文藝春秋digital
南伸坊(イラストレーター)母親は60すぎてから「芸術家」になった
見出し画像

南伸坊(イラストレーター)母親は60すぎてから「芸術家」になった

文藝春秋digital
著名人が母親との思い出を回顧します。今回の語り手は、南伸坊さん(イラストレーター)です。

限界芸術家

昔、母の生まれ年を言ったら、深沢七郎さんに「じゃあオレと一緒だ。五黄の寅だ」といわれたので、母がゴーノトラだとその時はじめて知ったのだった。

五黄の寅の女は気が強いとか言って、女の子がその年に生まれないように、いろいろアンバイする人もあったくらいなのである。が、私は母を見ていて「気が強い」と思ったことは一度もなかった。

親父とはケンカにならない。一方的に叱られてるこどものようだった。怒鳴られるとフスマを閉めてから、舌を出したり、ゲンコツでぶつ恰好をしたりして、てんで反省していないけれども、まともに言い返したのを見たことはない。

こどもから見て、父親の言っていることの方がオトナで、スジが通っていると思うから、母がこどもっぽく見えていたのだろう。

しかし、今おじいさんになった私が考えると、決して気の弱い女じゃなかったんだな、と思って少し可愛い。

60すぎたくらいからだったろうか、母はなんだか不思議な作品を、モーレツに作り出すようになった。

広告のチラシから切りぬいた写真を、モンタージュした状差しとか、さくらんぼのプラスチックのカゴとストローで、奇怪な抽象オブジェを作ったりもした。

孫のために、編みぐるみの人形を作っても、孫は怖がって、スグ投げ捨ててしまうのだが、気を悪くするでもなく、かまわず次々に作るのだった。

この続きをみるには

この続き: 330文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。