クイズ私は誰でしょう
見出し画像

クイズ私は誰でしょう

文藝春秋digital

画像3

【ヒント】
初の漫画がシリーズ累計120万部突破となったお笑い芸人は?


 父は絵本や紙芝居の作家だった。父が家にいて母が外で働くという当時としては珍しい家庭に育つ。

「小さい頃はお父さんと一緒に家族新聞を書いたりしていました。家族の10大ニュースとか、お姉ちゃんが猫を拾った話とか。文章もイラストも描き、親戚に郵送したりして」

 高校時代の同級生・入江慎也氏に誘われてお笑いの道へ。独特の芸風で人気を博す一方、気象予報士の資格を取得したり、舞台役者を経験したり多方面で活躍。2017年に初めて出した漫画『大家さんと僕』が手塚治虫文化賞短編賞を受賞し、シリーズ120万部を突破。昨年、幼い頃の父との思い出を描いた漫画『ぼくのお父さん』も出版し、父と一緒にメディアに出る機会も増えた。

「漫画の中のお父さんがかぶっている帽子を、300円ショップでわざわざ買ってかぶってテレビに出てくれたりして、不思議な気持ちになりました。僕が勝手に描いているのに、お父さんもそれを楽しんでくれていると思うと嬉しいですね」

この続きをみるには

この続き: 627文字 / 画像12枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。