観月_修正

小説 「観月 KANGETSU」#5 麻生幾

第5話
チョコレート箱(5)

★前回の話はこちら
※本連載は第5話です。最初から読む方はこちら。

「お父さんが亡くなっち、確か、23年前ちゃね」

「8歳ん時ちゃ」

 七海が涼の言葉を継いだ。

「病気じ亡くなったと言うちょったが、お父さんの記憶はあるんか?」

「私はまだ8歳だったけん、よう覚えちょらんの……。それに、父はいつも忙しゅうしちょったけん、あんまり家にはおらんやった……」

「そうな……」

「ただ、覚えちょんのは、夜、玄関から、ほんの些細な音が聞こえただけじ、お父さんが帰っちきた、と私はすぐに玄関へ飛んじ行った……なんべんも、そげなこつがあった……」

 七海は遠い目をしてそう言った。

 涼は、言葉を返せないまま、しばらく黙り込んだ。

「前から聞こうち思っちょったんけど――」

 重い空気を振り払おうとして涼が話題を変えた。

「お父さん、昔、公務員やったち言いよったね? どこん役所か?」

 しばらくの沈黙の後、七海は口を開いた。

「県庁の関連団体の職員だったとか……でも、さっきも言うたとおり、8歳やったんで……詳(くわ)しゅうわ……」

「そっか……やったら――」

 涼が話を継ごうとした時、ポケットに入れたスマートフォンの振動を感じた。

 涼は、真っ白な蒸気が立ち上る地熱発電施設の敷地の傍らに車を停めた。

 電話に出た涼は、思わず声を上げた。

「変死体!?」

 涼は慌てて車の外に出た。

 車内に戻ってきた涼の表情が強ばっていた。

 唾を飲み込むようにした涼が言った。

「遺体が発見された……」

「遺体? 発見? 何(な)んこと?」

 七海は戸惑った表情で涼を見つめた。

「ついさっき七海が話しちょった、パン屋のオヤジん、熊坂さん、その奥さんの遺体が、別府(べっぷ)公園で発見されたんや」

 大きく目を見開いた七海は声が出なかった。

「それも、どうも、殺された可能性があるちゅうことなんや……」

 涼の顔が歪んだ。

 七海の脳裡に、いつも寂しげな笑顔を浮かべる熊坂の横でひっそりと佇む、妻の良子の姿が浮かんだ。

(続く)
★第6話を読む。

■麻生幾(あそう・いく) 大阪府生れ。作家。1996年、政府の危機管理の欠陥を衝いたノンフィクション『情報、官邸に達せず』を刊行。日本の危機管理をめぐる“真実”を小説で描いている。オウム事件など内外の事件を取材したノンフィクション作品も。主な小説に、『宣戦布告』『ZERO』『ケース・オフィサー』『外事警察』『奪還』など。「宣戦布告」「外事警察」などが、映画化、ドラマ化され反響を呼んだ。ノンフィクション作品に、『極秘捜査-警察・自衛隊の「対オウム事件ファイル」-』『前へ!-東日本大震災と戦った無名戦士たちの記録』などがある。※この連載は、毎週日曜と不定期平日に配信します。



【編集部よりお知らせ】
文藝春秋は、皆さんの投稿を募集しています。「# みんなの文藝春秋」で、文藝春秋に掲載された記事への感想・疑問・要望、または記事(に取り上げられたテーマ)を題材としたエッセイ、コラム、小説……などをぜひお書きください。投稿形式は「文章」であれば何でもOKです。編集部が「これは面白い!」と思った記事は、無料マガジン「# みんなの文藝春秋」に掲載させていただきます。皆さんの投稿、お待ちしています!

▼月額900円で月70本以上の『文藝春秋』最新号のコンテンツや過去記事アーカイブ、オリジナル記事が読み放題!『文藝春秋digital』の購読はこちらから!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
14
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

こちらでもピックアップされています

文藝春秋digitalオリジナル無料連載
文藝春秋digitalオリジナル無料連載
  • 333本

“文藝春秋の顔”というべき筆者たちによる「文藝春秋 digital」オリジナル無料連載をまとめました。三浦瑠麗、門井慶喜、中野信子、出口治明、森功、辻田真佐憲、野口悠紀雄、西寺郷太、麻生幾の各氏が交代で執筆します。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。