美空ひばり「真赤な太陽」で爆笑 岸本加世子 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

美空ひばり「真赤な太陽」で爆笑 岸本加世子 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
1989年に52歳で他界した昭和の大スター、美空ひばり。最晩年を姉妹のように過ごした女優の岸本加世子氏が、今も色褪せない思い出を語った。/文・岸本加世子(女優)

岸本加世子_右(語り手)

岸本氏

ひばりさんの33回忌に、インスタで昔の写真を投稿しました。田村正和さんとのドラマ「ニューヨーク恋物語」の撮影スタジオに、ひばりさんが差し入れに来てくださった時の一枚です。この頃は闘病中で、家に籠もっていてはダメだとスタジオまで来てくださったのです。

ひばりさんからは実妹のように可愛がっていただきました。「“ねえちゃん”って呼んで」と言っていただき、筆まめなひばりさんから届くお手紙にもいつも「ねえちゃんより」と書き添えられていました。

体調のよい日に「ディズニーランドに行こう」と誘われ、ご一緒したこともあります。またカラオケもお好きで、お店で持ち歌を披露することもありました。私が「真赤な太陽」を歌った時、涙を流して笑い転げながら「もし私に何かあったら、加世子が私の役をやるのよ。だってあんたは歌が“うまい”から」とひばり流ジョークを言われたものです。

美空ひばり

美空ひばり

この続きをみるには

この続き: 375文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。