旅の歌、人生の歌|きたやまおさむ
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

旅の歌、人生の歌|きたやまおさむ

文・きたやまおさむ(精神科医・白鴎大学学長・作詞家)

私は専門が精神分析学で、最近それに学長という肩書が加わりました。しかしその前から副業が作詞家で、55年の間でプロが録音してくれた歌が400曲くらいはあります。

それで歌はどこで生まれるのかとよく問われるのですが、いつも「旅の途中で」というのが私の答えなのです。「百代の過客」と言った芭蕉をひくまでもなく、作品が旅で生まれるのは当たり前のことなのです。そして、多くの歌人や詩人が、旅の途中で名句を紡ぎ出してきたのです。

人生が旅の比喩で描かれ、旅の歌が人生の歌となる。旅するミュージシャンや芸術家は土地土地でパフォーマンスを行い、出会いや別れを繰り返してまた旅に出る。有名無名の旅芸人や吟遊詩人の伝統はおそらく定住した人類が旅を始めて以来ずっと続いていると思われます。古典「防人歌」では、東国から九州に赴いた作者が別離や望郷の思いを言葉で紡いだのです。

それで、私個人の歌の話をしましょう。というのも、東京と勤め先のある九州の間を夜汽車で行くのが大好きでした。とくに、東京を出て京都、大阪を通り過ぎる深夜までが創作の時間帯でした。暇つぶしではなく、この移動の間こそが歌作りに最適だったのです。メロディを録音した音源をイヤフォンで聞きながら列車に揺られると、知らず知らずに歌が生まれたのです。車輛の揺れがリズム感を体にもたらし、こころまで揺れるなら、こういう旅のエッセイのアイデアまで浮かんできます。

若い頃の海外旅行でもそうでした。アメリカのバス旅行は、西海岸から東海岸まで1週間足らずの行程でした。その、町から町へ移動する車中に、ゆったりした創造の時間が訪れました。ヨーロッパの鉄道でも当然夜の旅がおすすめですが、夢見心地の夜行列車は危険が伴うことも強調しておきましょう。

さて、コロナ禍でどこにもゆくことができず、ずっと家にいるので旅ができません。それで先日、「こころの旅」に出てみようと思い、旅としての人生を歌い上げる楽曲を並べてみたのです。

この続きをみるには

この続き: 872文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。