立川談志 芸人の「持ったが病」 立川談春 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

立川談志 芸人の「持ったが病」 立川談春 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
立川談志(1936~2011)は、いかにして型破りな落語の名人となりえたのか。弟子の談春氏はそこに「持ったが病」と「時代」を見る。/文・立川談春(落語家)

立川談春(筆者)

立川談春さん

談志最晩年のエピソード。友人と連れ立って街歩き。「どうだい、ひとつハンバーガーってモンを喰ってみようじゃねェか」。飲み物も買って近所の公園のベンチで食べるという約束でエスカレーターを降りると下から昇ってきた御婦人達が談志に気がついた。途端に談志は包み紙を破るとハンバーガーをムシャムシャ喰べだしたそうな。婦人達は驚いたが、最後には吹き出してウケた。「ああいう行為が伝説を作ると思ってるんだろうな。芸人の業だな」。

己れをどう見せるか、立川談志としての正しい行動を常に考えている人だった。その結果気がつくといつも逆境に身を置いていた。

好んだわけでもあるまいに。

立川談志

立川談志

性格という名の「持ったがやまい」ゆえなのか。苛烈なまでの闘争心と自負心を持った人だった。洗練された古典落語に更に己れをブチ込まないと我慢ならない人だった。創っては壊し、壊しては創る生き様は多くの他者の共感を呼んだが、没後10年を過ぎたいま思う。もしも落語が娯楽の真ん中に位置していて観客の圧倒的多数が名人を求める時代に談志が生まれていたら、立川談志は名人として治まっていられたのだろうか。

この続きをみるには

この続き: 297文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。