西川美和 ハコウマに乗って|ぼたんちりゆく
見出し画像

西川美和 ハコウマに乗って|ぼたんちりゆく

ぼたんちりゆく

2012年ロンドンオリンピックの開会式映像では、バッキンガム宮殿にジェームズ・ボンドが乗り込んで、本物のエリザベス女王をヘリでエスコートしていたなあ。最後は女王自らユニオンジャックのパラシュートで会場に降り立つトリッキーな演出付き。五輪の開会式にあんな風に国を挙げての祝福ムードが存在したなんて、今ではおとぎ話のよう。6代目ボンドのダニエル・クレイグもシリーズ引退を決意し、最終章となる新作タイトルは「NO TIME TO DIE」。〈死んでる暇もない〉はずなのに、公開はいつまでも決まらず、生殺し状態が続いている。

世界中の劇場も長らく閉ざされたが、映画祭も中止や縮小された。せめてもの幸運は、オンラインのテクノロジーが追いついていたということだ。遠方の人でも、チケット代を払えば自宅で最新の良作を観たり、シンポジウムに参加できるようになった。カリフォルニア州で小学生の息子を2人育てる私の友人も、彼らが寝た後にイリノイ州のシカゴ映画祭での上映を観てくれた。これはコロナがもたらした革新だ。赤ん坊がいても、闘病中でも、砂漠の真ん中に暮らしていても、今後は各地の映画祭を覗きに行ける。

小・中規模の映画祭では、上映後に登壇し、お客さんとの質疑応答がある。去年からはこれもオンライン上で行われ、チャットで寄せられた質問に私が自宅の書斎から答えるという機会も経験した。

この続きをみるには

この続き: 1,469文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。