文藝春秋digital
草間彌生 「はい、1000万円ね」とニコリ 建畠晢 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

草間彌生 「はい、1000万円ね」とニコリ 建畠晢 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
水玉やかぼちゃのモチーフで知られ、世界中で愛される芸術家・草間彌生(92)。草間彌生美術館の建畠晢館長も、その唯一無二の作品に魅せられた一人だ。/文・建畠晢(多摩美術大学学長)

建畠晢

建畠氏

はじめて草間さんの作品を見たのは1975年、銀座の西村画廊での個展でした。渡米中の過激なパフォーマンスや数々のスキャンダルについては聞いていたので、怖いもの見たさで足を運んだのを覚えています。いざ絵の前に立つと、不穏な美しさが溢れ出てきて、粛然とすると同時に寒気がした。そこから、日本でも草間彌生を再評価させるべく猛然と動き始めました。

制作中の彼女の筆には、一切の迷いがありません。刻苦勉励して本質ににじり寄るのが秀才だとしたら、試行錯誤せずともひと息に本質に辿り着いてしまうのが天才。草間さんといると、まさに「ミューズ(芸術の女神)が降りてきた」としか言いようのない瞬間を何度も目にします。

草間彌生

草間彌生

エキセントリックなイメージとは裏腹に、実は非常に愛情深い人。幼少期に見ていた水玉模様の幻覚を描くことで強迫観念(オブセッション)から自らを解放すると同時に、アートの力で世界を救済しようともしている。私はこれを“自他の同時救済”と呼んでいます。

この続きをみるには

この続き: 349文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。