ホスト万葉集|俵万智
新型コロナウイルスに関係する内容の可能性がある記事です。
新型コロナウイルス感染症については、必ず1次情報として厚生労働省首相官邸のウェブサイトなど公的機関で発表されている発生状況やQ&A、相談窓口の情報もご確認ください。またコロナワクチンに関する情報は首相官邸のウェブサイトをご確認ください。※非常時のため、すべての関連記事に本注意書きを一時的に出しています。
見出し画像

ホスト万葉集|俵万智

文・俵万智(歌人)

2年ほど前から、歌舞伎町のホストのみなさんと歌会をしている。「ホストたるもの短歌の一つも詠めてほしい」という手塚マキさんの発案だ。彼は、元ナンバーワンホストで、現在はホストクラブはじめ飲食店や美容室を経営する実業家。ホストに大事なのは「お客様のちょっとした一言から、背景や気持ちを読みとること、そして短い言葉で的確に思いを伝えること」だという。短歌を詠み、また短歌を読むことは、そのトレーニングにうってつけだと手塚さんは考えた。

「それは面白そう!」歌人の小佐野彈さんと野口あや子さんに誘われて、私も顔を出すようになった。開店前のホストクラブで、イケメンたちがスマホ片手に短歌を詠む。できた短歌は無記名で掲示され、今度はそれを読み、気に入った作品に投票する。感想を言い合うなか、講評やアドバイスをするのが我々歌人勢の役割だ。常連となって、めきめき腕を上げたホストもいる。

赤蜻蛉迷い込んだのは某事務所 命は巡る歌舞伎町にも  詠み人しらず(退店者)
1000円を前借りにして口にするおにぎり1個の我の悔しさ  武尊

1首目は、人工的なイメージが強い歌舞伎町と赤蜻蛉の取り合わせが印象深い。「迷い込んだ」という動詞が、場違いな感じをうまく出している。「季節は巡る」なら普通だが「命は」としたところに、そこはかとない凄味が出た。日常的に歌舞伎町にいなくては詠めない歌だし、単なるスケッチで終わらせていないところがいい。

2首目には、石川啄木ばりの哀愁が漂う。羽振りがいいのは、ほんの一部のホストだけ。手塚さんによると「多くの店では、2割の売れっ子が店全体の売上の8割を稼ぐ」とのこと。1000円とおにぎりという具体が効いている。

歌会を重ねるなかで、歌集にまとめようという機運が盛り上がった。当初は春先くらいを目指していたのだが、コロナ禍でそれどころではなくなってしまった。ホストクラブは、もっともあおりを受け、もっとも厳しい目にさらされた業種の1つである。自粛期間中は「自分磨きの時間に」と、手塚さんはホストたちを励まし、私たちはZoomを使って歌会を続けた。

眠らない街といわれたネオン街 たまにはゆっくりおやすみなさい  愛乃シゲル
夜が更けて意外と広いゴジラ前 静けさ光る靖国通り  TAKA
会えない日々 いつかまた会う日を望み84円に気持ちを乗せる  宮野真守
自粛期間日が暮れてくると思いだす あ、もうそろそろ店開く頃か  朋夜

この続きをみるには

この続き: 604文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。