「文藝春秋」表紙の言葉|松村公嗣
見出し画像

「文藝春秋」表紙の言葉|松村公嗣

「すいか」

輸入され、改良の末に今のすいかがあります。自然界では究極の造形に近いこの球体が日本人には馴染み深く、摩訶不思議な模様は二つと同じ物がありません。張りのある皮からは想像できぬ反対色の果肉は瑞々しく、格別の味わいの中に涙形の種を隠しています。しかし、カットする前の姿を一度絵にしてみたかったのです。暑い日にはキンキンに冷やされた旬を取り込み、免疫力をつけたいです。



【編集部よりお知らせ】
文藝春秋は、皆さんの投稿を募集しています。「# みんなの文藝春秋」で、文藝春秋に掲載された記事への感想・疑問・要望、または記事(に取り上げられたテーマ)を題材としたエッセイ、コラム、小説……などをぜひお書きください。投稿形式は「文章」であれば何でもOKです。編集部が「これは面白い!」と思った記事は、無料マガジン「# みんなの文藝春秋」に掲載させていただきます。皆さんの投稿、お待ちしています!

▼月額900円で『文藝春秋』最新号のコンテンツや過去記事アーカイブ、オリジナル記事が読み放題!『文藝春秋digital』の購読はこちらから!

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。