佐久間文子さんの「今月の必読書」…『骨を引き上げろ』
見出し画像

佐久間文子さんの「今月の必読書」…『骨を引き上げろ』

時代を超越した古典の風格を持つ小説

全米図書賞受賞作。ジェスミン・ウォードはこの後、『歌え、葬られぬ者たちよ、歌え』でも受賞しており、同賞を2度受賞するのは女性作家として初めての快挙だという。

本作は、2005年に多数の死者を出した超巨大ハリケーン、カトリーナが襲来するまでの12日間を、ある家族の日常風景として1日ごとに描く。その「情け容赦のない語り」はすごみのある美しさをたたえ、みごとな構成とともに、時代を超越した古典の風格をすでにしてそなえている。

主人公は15歳の少女エシュ。母親は7年前に末っ子を出産した際に亡くなっており、父と2人の兄、母の忘れ形見である弟と、母の実家である「ボア・ソバージュ(=フランス語で粗野な、野生の森という意味)」で暮らしている。家は貧しく、エシュは兄が白人の家に盗みに入るのを手伝ったりもする。

小説の中では、母のイメージがくりかえし変奏される。第1日は、次兄のスキータが飼っているピットブルのチャイナの出産場面から始まる。スキータはチャイナを溺愛していて、闘犬の賞金や、チャイナが産んだ子犬を売って金を稼ぐことに望みを託している。チャイナは、生んだ子犬を噛み殺す獰猛な母でもある。

エシュの内部では、亡き母の声が何度も再生される。エシュは、兄たちの友人であるマニーの子を身ごもっているが、そのことを誰にも言えない。母の声や、ギリシャ神話の王女メディアの物語を思い出して、答えの出ない問いを考え続ける。

この続きをみるには

この続き: 503文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。