見出し画像

大人の自由|宇賀なつみ

文・宇賀なつみ(フリーアナウンサー)

梅雨入り前のある日「文藝春秋」編集部からメッセージが届いた。「是非エッセイをお寄せいただけないでしょうか」どうして私なのだろう? 何かの間違いかイタズラかとも思ったが、その後のやりとりで、どうやら本物らしいとわかった時は、嬉しかった。

小学生の頃は、放送委員で新聞係だった。家族旅行をすれば、父親が手に持つホームビデオのカメラに向かって観光地のリポートをしたり、「なっちゃん新聞」を不定期に作成し、リビングの壁に貼っていた。卒業文集に書いた将来の夢は、アナウンサーか新聞記者。「言葉で何かを伝える」ということが、あの頃からずっと変わらず、好きなのだ。

昨年の春に、10年間務めたテレビ朝日を退社し、フリーランスになった。個人で会社を設立して、マネジメントや経理、事務作業も基本的にひとりで行なっている。仕事でお会いする人とは名刺交換をして、きちんと顔と名前を覚えたいし、取引や交渉がどう進んでいくのか、お金がどう動いていくのか、全て自分の目で見ておきたい。せっかく大きな会社を離れるのだから、個人の力をつけなくてはいけないと思った。経験がないことについては何も語れないので、請求書を作るのも、税金を納めるのも、移動手段を確保するのも、衣装を発注するのも、今は全てが勉強で、取材だと考えている。

テレビ局で働き、各分野の第1線で活躍する人たちを間近で見てきたからこそ言えるのだが、私自身に商品価値はない。たまたまテレビに出ていた会社員で、ごく普通の人間なのだ。だからこそ、ひとりの生活者、労働者として、全て自分ひとりでやってみようと決めた。

なんのあてもなく始まったフリーランス生活は、想像以上に面白かった。偶然の出会いが仕事に繋がったり、その仕事をしたことでまた別のところから声がかかったりと、少しずつ忙しくなっていった。大きな力はないが、ひとつひとつ、目の前のことに丁寧に向き合っていると、自然と次の道がひらけてくる。物語を読み進めていくような高揚感があり、毎日が新鮮だ。旅行やお酒、音楽など、好きなことを好きだと話していると、誰かが覚えていてくれて、仕事になることもある。ありがたいことに書く仕事も増えてきて、連載を持つという夢も叶った。「文藝春秋」でも、こうして書けている。愛読している祖母が喜んでくれそうだ。

この続きをみるには

この続き: 765文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……発行部数No.1の総合月刊誌『文藝春秋』が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツをお届けします。シェアしたくなる教養メディア。

文藝春秋digital

月額900円

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
40
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

こちらでもピックアップされています

文藝春秋digital
文藝春秋digital
  • ¥900 / 月

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。