見出し画像

「文藝春秋」表紙の言葉|松村公嗣

文藝春秋digital

「薔薇」

少し暑い日が増え出すと、いよいよ咲き始めます。薔薇園をあちらこちら見て歩けば、あっという間に一日が過ぎます。この香りに魅せられて、精油を抽出する技術が生まれました。一滴を作るためには数十本の花が必要だそうです。この芳しさには人それぞれ記憶が詰まっており、刺のある美しい花の姿を思い浮かべることでしょう。今年はどう咲くのかを想像して楽しむことにしました。



【編集部よりお知らせ】
文藝春秋は、皆さんの投稿を募集しています。「# みんなの文藝春秋」で、文藝春秋に掲載された記事への感想・疑問・要望、または記事(に取り上げられたテーマ)を題材としたエッセイ、コラム、小説……などをぜひお書きください。投稿形式は「文章」であれば何でもOKです。編集部が「これは面白い!」と思った記事は、無料マガジン「# みんなの文藝春秋」に掲載させていただきます。皆さんの投稿、お待ちしています!

▼月額900円で『文藝春秋』最新号のコンテンツや過去記事アーカイブ、オリジナル記事が読み放題!『文藝春秋digital』の購読はこちらから!


みんなにも読んでほしいですか?

オススメした記事はフォロワーのタイムラインに表示されます!

東浩紀、小泉悠、成田悠輔、鈴木エイト…旬の論者がホンネを語る生配信が充実