見出し画像

量子コンピュータの世界第一人者・古澤明の“凄さ”|竹内薫

第4次産業革命のキーワードとしていつもあがるのが、人工知能、モノのインターネット、5G(6G、7G)、そして量子コンピュータである。このうち前の3つは、さまざまなところで解説されているし、なんとなく概要がわかっている人が多いだろう。だが、最後の量子コンピュータはどうか。コンピュータはいいとして、量子ってなんだろう。原子とは違うのか、素粒子のことなのか、ほとんどの人が、チンプンカンプンなのではあるまいか。/文・竹内薫(サイエンスライター)

実験装置を「公開」してしまう度量の広さ

竹内薫

竹内氏

2021年に活躍するサイエンティストとして、私は、量子コンピュータ開発の第一人者、東京大学の古澤明教授(59)の名を挙げたい。10年ほど前、「諸君!」という雑誌の連載で取材に伺ったことがあるのだが、その時の第一印象は「ああ、この人は将来、ノーベル賞を取る人だな」というものだった。無論、ノーベル賞を実際にもらうかどうかはどうでもよく、とにかく、サイエンティストの最高峰に位置する人だなと直観したのである。

1961年生まれ、私とほぼ同世代である。東京大学を卒業後、日本光学工業(ニコン)に入社して研究生活に入ったが、若い頃から上司とは丁々発止のやりとりをしていたそうだ。上からの命令に諾々と従うのではなく、自らの信ずる道を進むあたりが、一流かそうでないかの違いなのかもしれない。

古澤明other

古澤教授(東京大学大学院工学系研究科)

この続きをみるには

この続き: 1,190文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。