見出し画像

短歌|小佐野彈

赤と金のフォルクローレ

白樺の匂ひをのせて流れ来る川のほとりに朽ちゆく赤旗(せつき)

少年の金にかがやく指の毛を護らむがため編まれしミトン

悩ましき赤に染まれるダウガヴァを悩ましき頬さらして渡れ!

はらからは互ひに涙拭ひつつ見上げたりけむ女神の像を

負の遺産ことごとく背負ひてなほ光る生誕大聖堂の丸屋根

さて、僕も(そしておまへも)罪人だ。嗚呼、燃やしたし金の丸屋根

永遠に終はらない冬「俺たちはさういふ国で生きて来たのさ」



【編集部よりお知らせ】
文藝春秋は、皆さんの投稿を募集しています。「#みんなの文藝春秋」で、文藝春秋に掲載された記事への感想・疑問・要望、または記事(に取り上げられたテーマ)を題材としたエッセイ、コラム、小説……などをぜひお書きください。投稿形式は「文章」であれば何でもOKです。編集部が「これは面白い!」と思った記事は、無料マガジン「#みんなの文藝春秋」に掲載させていただきます。皆さんの投稿、お待ちしています!

▼月額900円で月70本以上の『文藝春秋』最新号のコンテンツや過去記事アーカイブ、オリジナル記事が読み放題!『文藝春秋digital』の購読はこちらから!

★2020年2月号(1月配信)記事の目次はこちら

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます。もっともっと面白く、クオリティが高いコンテンツを作っていけるよう、頑張ります。

ありがとうございます!
8
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

コメント1件

写真の使用ありがとうございます🌎✨
コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。