見出し画像

日本語探偵 【ふ】「フェイク」の功労者 トランプさんには感謝|飯間浩明

国語辞典編纂者の飯間浩明さんが“日本語のフシギ”を解き明かしていくコラムです。

【ふ】「フェイク」の功労者 トランプさんには感謝

米国のトランプ大統領は、つくづく皮肉な存在だったと思います。「アメリカを再び偉大な国に」を掲げて大統領に就任したのに、再選を賭けた大統領選では敗北の結果を受け入れず、偉大とは正反対の態度を取りました。great(偉大)という単語の価値は、トランプ時代に大幅に下落したんじゃないかな。

皮肉と言えば、都合の悪いニュースをすべて「フェイク」(にせ情報)呼ばわりした彼自身が、「不正選挙の証拠がある」などと、ツイッターで根拠不明の情報を発信しています。ツイッターの運営元がそのつど「この主張には争いがあります」などと注釈をつける始末です。

フェイクでないことを示すには根拠が必要です。「そう言われている」という伝聞だけでは十分でなく、客観的に判断できる証拠資料を示す必要があります。今のところ、トランプ氏はそれをまったく示していないようです。

ところで、「フェイク」が日本語に定着したのはわりあい最近です。私の携わる『三省堂国語辞典』では、2008年の第6版から項目に採用しました。〈にせもの。まがいもの〉の意味で「フェイク食品」の例を入れて説明しました。

この続きをみるには

この続き: 501文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。