見出し画像

大学受験に役立つ古典#10 大学受験が終わっても……

文・三宅香帆(文筆家・書評家)

 そんなわけで、抽象的な話から具体的な話まで、「大学受験と古典」をめぐる話を書いてきたわけだけれども。

 私はきみ(つまりは大学受験を控えた身のきみだ)に向かって、「大学受験に古典なんて役に立たないと思ってるでしょ!? 立つんだよこれが!」といっぱいまくしたててきた。だけど、最後にこれだけは言いたい。

「まあ当たり前だけど、古典を読むことは、大学受験よりも射程が広い行為だよ」と。

 大学受験を控えている身というのは、私も覚えがあるんだけど、まあとにかくすべての道が大学受験に通じるというか、できれば受験に役立つことだけやってたいな、と思うものだろう。正直「本とか読んでる暇ないんだが」と顔をしかめがちである。

 だけど、当たり前のことだけど、大学受験を終えても、人生は続く。世界はその先にこそ、広がっている。そして物騒な発言をすると、きみが受験に受かっても、落ちても、人生はその先に続いていく。

この続きをみるには

この続き: 1,023文字
この記事が含まれているマガジンを購入する
文藝春秋digitalが送る「2020年の論点100」は、幅広い教養が手軽に身につくマガジンです。今最も人気がある100人の論者が100個の論点を明快に解き明かします。激動の2020年を生きるあなたの強い味方になる1冊です。

日本を代表する知識人たちが2020年に日本が直面する100の課題を徹底的に論じた教養マガジン。小論文対策をしたい高校生から、レポートに...

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?気軽にクリエイターを支援できます。

note.user.nickname || note.user.urlname

サポートありがとうございます。もっともっと面白く、クオリティが高いコンテンツを作っていけるよう、頑張ります。

ありがとうございます!
1
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。 Facebook:https://www.facebook.com/bungeishunju/