樹木希林 死にゆく姿も全部見せた 浅田美代子 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

樹木希林 死にゆく姿も全部見せた 浅田美代子 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
浅田美代子氏は、16歳の時に受けたドラマ「時間ですよ」(TBS系)のオーディションで、樹木希林(1943~2018)と初めて知り合った。以来、40年以上に亘り親子、姉妹、親友のような関係を続けてきた。/文・浅田美代子(女優)

語り部・浅田美代子

浅田さん

希林さんの最初の印象は怖そうだし面倒くさそうな人。でも、それ以上に面白そうな人だな、って思いましたね。当時のテレビドラマは週5日間かけて撮っていましたから、家族よりも共演者といる時間が長かったんです。自然と希林さんとの距離も近くなり、撮影前に誘われて、赤坂のホテルで朝からビュッフェで食事したりしましたね。

次の「寺内貫太郎一家」でも希林さんと共演することになって、デビューから3年間はずっと一緒でした。21歳で、私が歌手の吉田拓郎さんと結婚する時には両親から大反対を受けたのですが、最後は希林さんが私の家に来て直接母に「結婚は本人の自由ですから」って説得をしてくれたんです。「専業主婦をやれたら何でもできるよ」って、結婚を機に芸能界を引退することに悩んでいた私の背中を押してくれました。結婚後は私に芸能界を思い出させまいと気を使ってくれたのか、約7年間は私をご飯に誘いませんでしたね。

樹木希林

樹木希林

この続きをみるには

この続き: 358文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。