金子みすゞ 26歳で逝った幻の童謡詩人 矢崎節夫 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

金子みすゞ 26歳で逝った幻の童謡詩人 矢崎節夫 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
今では誰もが口ずさむ、金子みすゞ(1903~1930)の詩。没後、長らく作品は埋もれていたが、童謡詩人の矢崎節夫氏の手によって現代に蘇った。/文・矢崎節夫(金子みすゞ記念館館長)

大漁 金子みすゞ

朝焼小焼だ
大漁だ
大羽鰮おおばいわし
大漁だ。

浜は祭の
ようだけど
海のなかでは
何万の
鰮のとむらい
するだろう。

大学1年の時、岩波文庫の『日本童謡集』で『大漁』を読み、強い衝撃を受けた。もっと読みたいと思ったが、金子みすゞの作品と生涯は童謡を愛する人々の間で幻の童謡詩人と語り継がれるばかりで、出会う機会がなく、月日だけが過ぎていった。

それから16年後の昭和57年、実弟上山雅輔氏に辿り着き、みすゞ自筆の童謡集に書かれた512編とその生涯を知る事が出来た。

金子みすゞ(本名テル)は明治36年、山口県大津郡仙崎村(今の長門市仙崎)に生まれる。下関の親戚の商店から、大正12年6月から昭和3年の5年間に、主に雑誌『童話』に90編ほどの作品を投稿、西條八十に「若き童謡詩人の中の巨星」と称賛されたが、昭和5年3月、26歳の若さでこの世を去った。

(要クレジット)写真提供:金子みすゞ著作保存会

金子みすゞ
Ⓒ金子みすゞ著作保存会

この続きをみるには

この続き: 224文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。