見出し画像

本郷恵子さんの「今月の必読書」…『テレビの荒野を歩いた人たち』

「面白そう」「やっちゃえ」黎明期を知るレジェンドたちの証言

かつてテレビが生活の中心だった時代があった。テレビは未知の世界に通じる窓で、新しいこと・楽しいこと・素晴らしいことがいっぱい詰まった魔法の箱だった。1953年2月にNHKが本放送を開始、8月には日本テレビが最初の民放テレビ局として開局、シャープの量産第1号テレビの価格は17万5000円(当時の国家公務員の大卒初任給が7650円)と、とんでもなく高価だったという。本書には、全くの手探りの時代からテレビの仕事に携わり、道なき道を進んだ12人のレジェンドたちが登場する。

 最年長は1924年生まれの俳優・久米明。スタイリッシュなナレーション(『すばらしい世界旅行』)や吹替(ハンフリー・ボガート)が素敵だった。最若手は『北の国から』のディレクター・杉田成道(1943年生まれ)で、黎明期のテレビは「あんなの面白そう」「やっちゃえ、やっちゃえ」「そんな感じでよろしく」で企画が動いていったと語る。

『渡る世間は鬼ばかり』の石井ふく子と橋田壽賀子は、コンビを組んだ初期のころは、電話でガンガンやりあった。もともと映画の世界にいた橋田の書く台詞は浮いた感じがして、石井は、テレビドラマの台詞はもっと日常的でリアリティのあるものでなければと主張したのだという。橋田作品の凄いところは、姑や小姑が滔々と開陳する独善的な理屈が不思議な説得力を持っている点だと、かねがね思っていたのだが、橋田自身も「姑には姑の理屈があって、筋が通っているんですよね。どちらがいいとか悪いとかじゃないのが、家族の難しいところ」と述べている。ホームドラマは奥が深い。

この続きをみるには

この続き: 459文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……発行部数No.1の総合月刊誌『文藝春秋』が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツをお届けします。シェアしたくなる教養メディア。

文藝春秋digital

月額900円

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
7
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

こちらでもピックアップされています

文藝春秋digital
文藝春秋digital
  • ¥900 / 月

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。