見出し画像

同級生交歓|静岡県立浜松北高校 昭和45年卒

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。

見開き

東京都港区 濱松「中川屋」西麻布店にて(撮影・山元茂樹)

(右から)
東邦大学名誉教授
川合眞一
浜松海の星学院理事長
北脇保之
ファミリーマート会長
髙柳浩二
ジェイアール東海ホテルズ社長
宮澤勝己
ラッセル・インベストメント副会長
加藤正純
日本投資顧問業協会会長
大場昭義

旧制浜松第一中学の流れをくむ県立浜松北高は前東京五輪の立役者、田畑政治など各界の著名人を輩出した伝統校。時は1960年代後半、世界中で若者の反乱の熱気が伝わる中「受験勉強などどこ吹く風」と、学校祭、運動会、部活動などに熱中した。進学校ながら奇跡的な甲子園出場を果たし、全校挙げて応援したのは忘れ難い思い出だ。

川合は家業の硝子屋を継がず慶大に進み内科医に。聖マリアンナ医大教授を経て東邦大学内科(リウマチ膠原病)教授。現在は名誉教授・寄付講座教授として教育・研究・診療を続ける。

生徒会長を務めた北脇は、卒業式で学校批判の答辞を読んだ。東大法から自治省へ進み、小選挙区制度導入直後の衆議院選挙で当選。浜松市長に転じ、政令指定都市移行を実現。現在は郷里で私学教育に携わる。

この続きをみるには

この続き: 346文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

知と教養のプラットフォーム。一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
6
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。