見出し画像

サボる官僚|虎尾達哉

文・虎尾達哉(歴史学者)

私は古代日本、いわゆる律令国家の官僚制を研究してきた。律令国家は天皇を頂点とする専制君主国家。当時の官僚は現代とは全く異なる。

何といっても専制君主を戴く官僚たちだ。鉄の規律、絶対的君主への忠誠。勤勉で忠良な彼らの姿を思い浮かべる人も多いだろう。研究者の抱くイメージもそんなにひどくかけ離れてはいない。私もかつてはそうだった。

しかし、それはとんでもない誤解である。拙著『古代日本の官僚−天皇に仕えた怠惰な面々』からいくつか実例を紹介しよう。

元日早朝、全官僚が朝庭内に整列し、天皇に拝礼して慶賀する。朝賀という重要儀式だ。一般参賀同様、当時の官僚たちもさぞや晴れがましかっただろうと思いきや、平安時代初め、官僚たちは大挙してこの儀式をサボっていた。

任官のための儀式。これには内定者は必ず出席して、天皇の御前で名前を呼ばれ、「オウ」と答えなければいけない。官僚にとって、出世のためには大切な儀式だ。ところが、奈良時代後半、やはり無断欠席者が大勢いたのである。

古代の官僚たちがサボったのは儀式だけではない。

奈良時代前半、聖武天皇の世。ある日、都の空に稲妻が走った。雷も恐ろしい天変だ。こんな時、天皇の身近に仕える侍従や内舎人(うどねり)を務める若い官僚たちは、何はさておき天皇を守らなければならない。ところが、誰も来ない。呆れたことに、みんなで宮中を抜け出し、郊外で打毬(だきゅう)(日本版のポロ)に興じていたというのだ。立派な職場放棄、職務放棄だが、この時が初めてではあるまい。

職務上の怠慢としかいいようのない事例もある。天皇のもとには、太政官(最高中枢官庁)から決裁や許可を求める奏紙が上がってくる。桓武天皇の長岡京時代、紙漉きの工程に何か問題があったのか、この奏紙がひどく臭った。毎度嗅がされる天皇はたまらない。むろん、太政官の担当者も気づいている。気づきながら、委細かまわず天皇に上げ続けているのだ。見事なまでの無神経さ。怠慢の極みである。

この他にも、遅刻・詐病・無断欠勤など。どれも、むしろ、ありふれた光景だった。古代官僚の怠慢ぶりは私たちの想像をはるかに超えている。

しかし、真に驚くべきは、彼らに対する専制君主国家の対応である。信じられないくらい緩い。緩すぎるのだ。

この続きをみるには

この続き: 804文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。