見出し画像

同級生交歓|成蹊高校 昭和59年卒

人の一生を左右するのは校風か、学歴か、友人か。意外な組み合わせ、納得の顔ぶれが並ぶ“誌上同窓会”。「文藝春秋」の名物グラビア企画です。

同級生交歓 成蹊高校

東京都武蔵野市 成蹊高校にて(撮影・深野未季)

(右から)
作曲家
服部隆之

NTTデータ執行役員
豊田麻子

ヌードジュエリー代表取締役
赤塚信彦

校名が桃李不言下自成蹊(史記)に由来する成蹊高校出身の私たち。「半沢直樹」「真田丸」など、誰もが知るドラマのテーマ曲を数多く作曲している服部君。世界的に有名な企業のイベント等も手掛ける、ジュエリーデザイナーの赤塚君。今は、IT業界でグローバルビジネスを推進する豊田。

会うと、すぐ学生の時の感覚に戻り、働く業種や環境は違っても、気負うことなく、素直に話せるのが同級生のいいところ。学生時代の話も楽しいし、みんなヨーロッパで生活した経験もあることから世界の情勢をそれぞれの視点で語り合うのも面白い。成蹊の卒業生は、しなやかに自由に生きて、それでいて芯がある人が多いと思う。多方面に活躍しているが、3人も例外ではないだろう。蹊を成すとまではいかずとも、人との絆はいつまでも大事にしたい。(豊田)

この続きをみるには

この続き: 10文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

知と教養のプラットフォーム。一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
4
一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。