本郷恵子さんの「今月の必読書」…『チャイニーズ・タイプライター 漢字と技術の近代史』
見出し画像

本郷恵子さんの「今月の必読書」…『チャイニーズ・タイプライター 漢字と技術の近代史』

漢字とアルファベットをめぐる技術の変遷

はじめてワープロ専用機を買ったのは、1986年だったと思う。値段は20万円以上で、当時大学院生だった私には、かなり勇気のいる買い物だった。キーボードで入力した文章が、きれいな活字になって打ち出されると、ひどく立派なことを成し遂げたような気がしたものだ。

初期のワープロで苦労したのが漢字への変換である。いちいち時間がかかるうえに、使用頻度が低いJIS第2水準の漢字群については、必要になるたびに専用のフロッピーディスクをセットして、わざわざ読み込まなければならなかった。

漢字の扱いの難しさを語る際には、英語との比較がよく持ち出された。何万にものぼる漢字に対し、アルファベットはわずか26文字。だからこそ欧米ではタイプライターが普及し、ワープロへの移行もスムーズだったというのだ。

タイプライターは、近代的なビジネスやコミュニケーションに不可欠の効率性をもたらした。ただし、それは言語と不可分のものだから、他の機械や技術のように、国や文化を超えて利用可能というわけにはいかない。1880年代以降、タイプライターは世界市場に進出し、英語以外の言語にも対応するようになった。アラビア語のためには左から右ではなく、右から左に印字できるような調整がほどこされたが、一方で文字どうしの複雑な接続や変形は、大幅に単純化して表現することにされた。それぞれの言語に特有の文字体系や正書法が、タイプライターの機械原則に従属させられたといえるだろう。

この続きをみるには

この続き: 467文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。