クイズ「私は誰でしょう?」小さな大物
見出し画像

クイズ「私は誰でしょう?」小さな大物

画像2

【ヒント】
麻雀から、ダイエット、片づけまで。何でも極めてしまう経済評論家は?

4人きょうだいの末っ子として東京の下町に生まれる。

「すごく優秀だった11歳年上の姉が、日本の有名企業にOLとして就職したのにあまり活躍できず、結局、寿退社。10代の初めにそれを見て、自分は一般企業のOLではなく、“専門職”を目指そうと思いました。会計士を選んだのは、たまたま中学時代の、お金持ちの友達のお父さんが会計士だと聞いたから(笑)」

当時最年少の19歳で会計士補の資格を取得。その後マッキンゼー、JPモルガンなど外資系企業を経て35歳で経済評論家として独立。

プライベートでは大学時代に結婚・出産し、2度の離婚を経て、2018年にパンセクシャルであることを公表。現在はその女性パートナーと関係も解消し、娘と2人暮らし。

「どうも他人と住むのが苦手みたい。友達はセレクティブですがパートナーの選択眼は甘いのかな(笑)。家族と好きな友達がいて、趣味があれば、自分にとってパートナーは必ずしも必要ないのかもしれません」

この続きをみるには

この続き: 719文字 / 画像12枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。