見出し画像

『ショーシャンクの空に』のティム・ロビンス「長身とくよくよ芝居」芝山幹郎 スターは楽し

文藝春秋digital

ティム・ロビンス (1)

ティム・ロビンス
John Barrett/PHOTOlink/共同通信イメージズ

長身とくよくよ芝居

ティム・ロビンスは大谷翔平よりも背が高い。大谷が193センチで、ロビンスは196センチだ。ジェフ・ゴールドブラムやヴィンス・ヴォーンよりも少し高い。大谷とのもうひとつの共通点は、大きな身体の上に小さな童顔がちょこんと載っていることだ。私がロビンスに注目したのは、『さよならゲーム』(1988)という野球映画を見たときだった。大谷はまだ生まれていない。

映画の舞台は、ノースキャロライナ州ダラムだ。この小さな町にブルズというマイナーリーグ(トリプルA)の球団がある。ロビンスは、ブルズにやってきた若い投手ラルーシュに扮している。160キロ前後の剛速球で打者の度胆を抜く彼は「ヌーク(核兵器)」という綽名で呼ばれるが、制球力が皆無で、別の意味でも打者を震え上がらせる。

そんな彼が、地元の女教師アニー(スーザン・サランドン)の愛人になる。野球選手が大好きな彼女は、毎年ひとり、若手を「育成」するのが趣味だ。育てられた選手は心身が整い、好成績をあげてメジャー昇格を勝ち取る。ヌークもそのひとりになるはずだったが……。

このときのロビンスがおかしかった。野球帽の下にキューピーのようなおでこを隠し、長い手足をぎくしゃくと動かしてワイルドピッチを連発する。ベッドでも当然のように的を外しまくり、アニーを苦笑させる。

この続きをみるには

この続き: 1,470文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

¥900 / 月

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!