大谷翔平 彼の天井は見えない 栗山英樹 100周年記念企画「100年の100人」
見出し画像

大谷翔平 彼の天井は見えない 栗山英樹 100周年記念企画「100年の100人」

文藝春秋digital
メジャーで歴史的な活躍を続ける大谷翔平(27)。日本ハムの監督として二刀流を育てた栗山英樹氏がいま明かす“怪物”との秘話。/文・栗山英樹(元日本ハムファイターズ監督)

栗山英樹(語り手)

栗山氏

翔平とは二度と一緒に野球をやりたくない——。それが僕のいまの正直な気持ちです。

僕は、初めて高校生の彼を見たときから「投打どちらかを無くす選択は絶対にありえない」と考えていました。当時から最高の投手に、そして最高の打者になる可能性を秘めていた。ただ、それだけに僕は、翔平と野球した5年間「この才能を潰してしまったら、僕ごときが監督を辞めるくらいでは済まないことになる」というプレッシャーをとてつもなく重く感じていたんです。

あれだけ「出力」が高い選手には常に怪我の不安が付きまといます。一球投げただけでも、打つ、走るという一瞬のプレーでも一発で故障してしまう恐れがあった。それほど二刀流は身体への負担が大きく、僕は彼の身体の心配ばかりしていました。

僕の役割は「ここが駄目だよ」と苦言を呈することだと思っています。だから、彼にも「良いときは連絡をしないよ」と伝えていますし、2021年は一切連絡をしていません。翔平からは、僕が監督退任を発表した後、21年になって初めてメールが来ました。「僕連絡しなくて……」と申し訳なさそうに書いてあって、ツンデレの翔平らしい気遣いを感じました。僕の方も、翔平とはベタベタした関係ではいたくない。

大谷翔平

大谷翔平

この続きをみるには

この続き: 244文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。