見出し画像

腸内を整えて世界を幸せに|鈴木啓太

文・鈴木啓太(AuB株式会社代表取締役)

「どうしてお前が研究開発のベンチャーをやるんだ」

プロサッカー選手として浦和レッズで16年間プレー。引退する年に起業を決意した私に、友人知人からそんな声が投げかけられた。それも当然、会社で働いたこともなければ、ビジネスや研究の仕組みを知りもしない。それでも私は踏み出す決意をした。あれから5年経つが、まだ何かにたどり着いたわけではない。ただ一歩ずつ描いた夢を実現できるのではと、日々思いは強くなってきた。

私が現在取り組んでいるのは、五輪代表選手やプロ野球選手、Jリーガーなどトップアスリートの腸内細菌を研究し、その知見をアスリートはもちろん、一般の方々にも還元する事業である。昨今、腸内細菌といえば様々な研究が進み、太りやすさや痩せやすさ、筋肉の形成、果てはメンタル、精神疾患との関係まで明らかにされつつある領域だ。とはいえ、世の中から注目される領域だから足を踏みいれたわけではない。全ては私の経験に通じている。

調理師の母のもとに育った私は、幼少期から「人間は腸が一番大事」と“英才”教育を受けてきた。プロのサッカー選手になった後も、遠征時には梅干しや緑茶を持参し、お腹にお灸をして温めるなど、腸を中心にコンディションを整え続けていた。思い出すのはU-23日本代表として臨んだUAEでの五輪予選。食事か水か原因は不明だが、ほとんどの選手が下痢などで体調を崩す中、私は万全のコンディションで試合に出場できたのだ。私のサッカー選手生命は腸によって支えられていたのだと思う。

現役も終盤に差し掛かるころ、トレーナーから腸内細菌を研究している人を紹介された。その人と話をする中で、日頃からコンディションの管理を徹底するアスリートの腸を調べれば面白い発見ができるのではとの考えに至った。

この続きをみるには

この続き: 973文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……発行部数No.1の総合月刊誌『文藝春秋』が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツをお届けします。シェアしたくなる教養メディア。

文藝春秋digital

月額900円

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
16
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

こちらでもピックアップされています

文藝春秋digital
文藝春秋digital
  • ¥900 / 月

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。