旬選ジャーナル

旬選ジャーナル<目利きが選ぶ一押しニュース>――佐久間裕美子

使用_佐久間裕美子プロフィール写真_トリミング済み

佐久間裕美子氏(文筆家)

【一押しNEWS】なぜ世界で大麻規制が緩和されているのか/11月21日、日経クロステックオンライン(筆者=渡辺史敏)

 プロ・スノーボードの選手、國母和宏が大麻取締法違反で起訴される直前の11月21日、日経クロステック(オンライン)に「米国で11州が使用解禁、スポーツリーグの大麻への向き合い方」と題した記事が出た。ジャーナリストの渡辺史敏氏によるこの記事は、これまで長く禁じられてきた大麻(マリファナ)の使用について、米スポーツ界4大プロリーグが見解を変え始める現状をレポートしている。プロリーグやスポーツ界が、大麻の規制を緩和する方向に動く背景には、すでにアメリカ33州で大麻の医療用使用が、また11州では嗜好用も含む全面的使用が合法化されて、実際に痛み緩和の効果について医療界からも認められるコンセンサスがあることがある。この記事は、アメリカンフットボールのジム・マクマーン氏やゴルフのグレッグ・ノーマン氏など複数の有名アスリートが、痛み止め効果のある大麻由来のサプリCBDビジネスに参画しつつ、自らが受けた効能を公言していることなども紹介している。

 実際、野球の大リーグ(MLB)は、12月12日に、マリファナを禁止薬物リストから除外する方針を示した。この動きは、昨年7月に、ロサンゼルス・エンゼルスの投手タイラー・スカッグスが27歳で急逝した件と大いに関係がある。スカッグス選手の遺体からは、大量のオピオイド系医薬品とアルコールが検出された。負傷の痛みと闘うために服用を始め、依存状態に陥っていたという。依存性の高いオピオイド・ベースの鎮痛剤を駆逐するために、植物性であるマリファナの使用を自由化するべきだとの選手会や引退した選手たちからの要望に応えた形だ。

ここから先は、有料コンテンツになります。今後、定期購読していただいた方限定のイベントなども予定しています。

★2020年2月号(1月配信)記事の目次はこちら

この続きをみるには

この続き: 1,092文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……発行部数No.1の総合月刊誌『文藝春秋』が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツをお届けします。シェアしたくなる教養メディア。

文藝春秋digital

月額900円

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
3
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

こちらでもピックアップされています

文藝春秋digital
文藝春秋digital
  • ¥900 / 月

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。