文藝春秋digital
新生 パリのリッツ 老舗ホテルが生まれ変わるとき
見出し画像

新生 パリのリッツ 老舗ホテルが生まれ変わるとき

文藝春秋digital
パリに来たら、金が無いのでない限り、リッツに泊まるべき——。文豪ヘミングウェイにそう言わしめたホテルが重厚な扉を開き、新たな歴史を刻み始めている。/文=加納雪乃、写真=高村佳園

Ritz Paris

画像1

昨年9月に誕生した「リッツ バー」は天空モチーフの幻想的な内装。星座がテーマで12星座をイメージしたカクテルが美味

Bonjour!

画像2

画像3

パリきってのリュクスなスポット、ヴァンドーム広場に立地するリッツ パリ。広場に面した正面玄関に加え、滞在客やお忍びゲストが利用していた裏口を、もう一つの玄関(写真下段)として一般開放した。そばに新パティスリー「リッツ パリ ル・コントワール」や「リッツ バー」を設け、従来ひっそりしていたエリアを一気に活性化、新顧客の獲得に繋げた

Délicieux!

画像4

画像5

シェフ・パティシエのフランソワ・ペレは、Netflixで番組が作られるなど、世界的な名声を誇る。今まで彼のスイーツはホテルのレストランやサロンでしか味わえなかったが、この新パティスリーをオープンさせ、カジュアルにお菓子やサンドウィッチが楽しめるように。特にフルーツやチョコレートを使ったマドレーヌ(写真下段)は一番人気だ。イートインもでき、朝から夕まで賑わう


Ritz Paris

画像6

リッツ パリ総支配人
マーク・ラフレー氏

“さらに多くのゲストと冒険を”

1898年にホテル王セザール・リッツに命を吹き込まれた「リッツ パリ」。以来、アール・ド・ヴィーヴル(生活芸術)のシンボルとして輝き、プルーストやシャネルら多くの著名人に愛されてきました。

この続きをみるには

この続き: 395文字 / 画像5枚
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

文藝春秋digital
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。