横山やすしさんと渡哲也さん|西川きよし
見出し画像

横山やすしさんと渡哲也さん|西川きよし

文・西川きよし(タレント)

画像1

西川氏

2020年10月に文化功労者に選出されました。漫才の分野では初めてです。本当に大変驚きました。漫才は平安時代に始まった太夫と才歳という二人一組の芸が原型といわれて歴史は長いですが、歌舞伎や落語などたくさんの芸事がある上方では歌や舞の合間をつなぐ存在でした。それが今回、文化のひとつとして漫才師が仲間入りを認められ、「やったあ!」と飛び上がるほどうれしかったです。家内もよかったねと泣いていました。

早速、相方のやすしさんにも報告しました。僕はどこにいても毎朝毎晩、やすしさんに手を合わせています。易学を勉強されているかたによると、いつも僕のそばに付き添ってくれているそうなんです。僕のなかでやすしさんは変わらず元気なままです。

最近ではもう1人、報告する方が増えました。渡哲也さんです。1978年にNHKの『ビッグショー』という番組に、渡さんが僕をゲストに招いてくださいました。面識もないのに、あの大スターから声がかかって「前川清さんの間違いではないの?」「渥美清さんでは?」と何度も確認したほどです。でも、僕だったんです。渡さんは当時、僕とやすしさんで司会をしていた『プロポーズ大作戦』という番組のファンだったそうです。「家族全員、家で癒やされています」と渋い声でおっしゃって。お目にかかってからは弟のように可愛がっていただき、40年以上仲良くさせていただきました。

一度、僕の息子と渡さんのお宅へうかがったとき、石原裕次郎さんがいらしたんです。扉を開けたら2人が並んでいらして、それはもう半端ないオーラ。今でも鮮やかな記憶として残っています。一緒に飲んだお酒まではっきりと覚えている。裕次郎さんが「これ、流行っているんだよ」とグラスに砕いた氷を入れて牛乳を8割ほど注ぎ、レミーマルタンを垂らしたんです。牛乳は胃に粘膜を張って胃袋を守るから何杯でも飲める、とおっしゃる。そんなお洒落なものは生まれて初めてで「東京は凄いところだなぁ」と感激しました。

裕次郎さんに「昔からファンでした」とおっしゃっていただいたのもうれしかったですね。渡さんからは「西川くんの笑いは身近なネタが多い。落ち着いて見られるんですよ」と誉めていただきました。

この続きをみるには

この続き: 939文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。