見出し画像

人はなぜ「あおり運転」をやめられないのか

文・中野信子(脳科学者)

 ここ数年、あおり運転が大きな問題となっています。これほど世間の注目を集めたのは、ドライブレコーダーの普及により、乱暴な走行や暴行シーンがメディアで流れたことが大きいと考えられます。“キレるドライバー”が急に増えたわけではなく、今まで個人トラブルとして埋もれていたものが、多くの映像により報道されて社会問題化したということでしょう。その意味で、あおり運転は古くて新しい問題と言えるかもしれません。

 誰しもあおり運転の被害者にはなりたくないものですが、一朝一夕に根絶できることではありません。なぜなら、キレて相手を攻撃することは、人間にとって極めて根源的で本性的な行動だからです。

 そもそも、人はなぜキレるのでしょうか。怒りを感じると、脳内ではノルアドレナリンが分泌され、心拍数、血圧、血糖値が上昇します。同時にアドレナリンの分泌も促進され、筋肉への酸素供給量が増えます。つまり、怒ることで、自分に危害を加えそうな者を攻撃する準備をしているのです。

 人類(ホモ・サピエンス)の歴史は、アフリカで誕生した20万〜30万年前から、外敵との闘いの連続でした。危機に見舞われたとき、闘うのか、逃げるのか、常に選択を迫られていたのです。怒りという感情がなければ、我々は今日まで生き残ることができなかったでしょう。

 現代社会では、暴力は許されないものと広く認識されていますが、ほんの少し時代を遡れば、教師の体罰や不良少年のケンカなど、暴力は巷にあふれていました。人類は現代人が思う以上に、暴力的な動物なのです。

 人類にとってキレることが本能であると認めた上で、あおり運転について考えてみましょう。あおりドライバーの執拗さを見ると、単純な怒りではなく、さまざまな脳内物質や脳の反応が複雑に絡みあっているように思えます。

 常磐自動車道で前方の車をあおった末に停車させ、男性を殴った事件がありました。そのケースをもとに、キレるドライバーの内面を分析してみましょう。

 40代の加害男性はBMWの大型SUVに乗っていましたが、実は高級車に乗るとテストステロンの値が上がることが実験で証明されています。テストステロンは男性ホルモンの一種で攻撃性を高めます。実験ではカローラとフェラーリで比較しているのですが、大衆車のカローラではテストステロン値にあまり変化が見られないのに対して、フェラーリに乗ると数値が格段に上昇したのです。

 高級車だけでなく大型車に乗ったときも同様の結果になると考えられます。つまり、加害男性は大型の高級車に乗っていたため、「周囲の車より、俺のほうが強い」と優越感を得て、攻撃性が高まっていたと考えられます。

 また、道路を走っているとき、当然ながら周囲の車は見知らぬ人が運転しています。すると、人間は本能的に周りの車を味方ではなく敵だと思いがちです。それは防御本能が働くからです。

 加えて、追い越し車線なのに遅い速度で走っていたり、車線変更するときにウィンカーを出すのが遅かったり、自分の走行を妨害するような車がいれば、それは敵であり、攻撃すべき対象と判断して闘争モードに入ってしまうのです。

この続きをみるには

この続き: 1,326文字 / 画像1枚
この記事が含まれているマガジンを購入する
文藝春秋digitalが送る「2020年の論点100」は、幅広い教養が手軽に身につくマガジンです。今最も人気がある100人の論者が100個の論点を明快に解き明かします。激動の2020年を生きるあなたの強い味方になる1冊です。

日本を代表する知識人たちが2020年に日本が直面する100の課題を徹底的に論じた教養マガジン。小論文対策をしたい高校生から、レポートに困っ…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
2
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

こちらでもピックアップされています

2020年の論点100
2020年の論点100
  • 101本
  • ¥1,400

日本を代表する知識人たちが2020年に日本が直面する100の課題を徹底的に論じた教養マガジン。小論文対策をしたい高校生から、レポートに困っている大学生、教養を身につけたいビジネスマンまで幅広くサポート。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。