同級生交歓

同級生交歓ーー立教女学院小・中・高等学校(昭和60年卒)【全文公開】

(右から)
愛育病院医師 石井(藤本)のぞみ
翻訳家 加藤リツ子
武蔵野大学薬学部教授 伊藤清美
エッセイスト 酒井順子
陶磁研究家 森由美

画像1

東京都杉並区 立教女学院にて(撮影・鈴木七絵)

 制服なし、通知表なし、低学年はランドセルもなし、という自由な学校で、我々が出会ったのは6歳の時、1年A組の教室において。最初の行事である歓迎遠足では、6年生に手を引かれ、徒歩で井の頭公園へ。まだ20代だった象のはな子に歌を歌ってあげた仲間が、母校に集いました。

 高校までを女子だけで過ごした我々ですが、藤本さん(6年生時の文集に書かれている「将来の夢」→獣医)は卒業後も女子だけの大学で医学を学び、現在は愛育病院で小児医療に奮闘する日々。

 子供の頃から勉強ができた伊藤さん(同→数学者)は、薬学研究の道に進み、武蔵野大学で、学生達を指導しています。

 加藤さん(同→フランスへ行くこと)は、フランス文学科へ進学した後に子供の頃の夢の通り、フランス留学。フランス語の通訳、翻訳家として活躍中です。

 先生から「サンボ」(今ではありえない)とのニックネームをつけられるほど活発だった森さん(同→天文学者か作家)は、大学で化学を専攻。大学院では焼物の素材分析を学び、陶磁研究家の道へ。父君(中島誠之助氏)と同じく「開運! なんでも鑑定団」で、鋭い鑑定眼を発揮しています。

 酒井(同→インテリアデザイナー)は、高校時代に先生の目を盗んで書いた文章がきっかけで、もの書きに。自由に「見る」ことができた女子だけの世界が、今の仕事につながっている気がしてなりません。

 はからずも、中島氏、藤本さんの父君(石井威望東大名誉教授)、加藤さんの父君(俳優・故加藤武氏)と、親子2代にわたる「同級生交歓」登場が3組、ということになりました。1年A組担任だった高木先生がお元気なのも、嬉しい限り。(酒井)



【編集部よりお知らせ】
文藝春秋は、皆さんの投稿を募集しています。「#みんなの文藝春秋」で、文藝春秋に掲載された記事への感想・疑問・要望、または記事(に取り上げられたテーマ)を題材としたエッセイ、コラム、小説……などをぜひお書きください。投稿形式は「文章」であれば何でもOKです。編集部が「これは面白い!」と思った記事は、無料マガジン「#みんなの文藝春秋」に掲載させていただきます。皆さんの投稿、お待ちしています!

▼月額900円で月70本以上の『文藝春秋』最新号のコンテンツや過去記事アーカイブ、オリジナル記事が読み放題!『文藝春秋digital』の購読はこちらから!

この続きをみるには

この続き: 0文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……発行部数No.1の総合月刊誌『文藝春秋』が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツをお届けします。シェアしたくなる教養メディア。

文藝春秋digital

月額900円

月額900円で月刊誌『文藝春秋』の特集記事&WEBオリジナル記事が読み放題。過去記事アーカイブも充実。記事単体の購入よりも圧倒的にお得です。

記事へのご意見・ご感想を募集しています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
1
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

こちらでもピックアップされています

文藝春秋digital
文藝春秋digital
  • ¥900 / 月

月額900円で月刊誌『文藝春秋』の特集記事&WEBオリジナル記事が読み放題。過去記事アーカイブも充実。記事単体の購入よりも圧倒的にお得です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。