時空旅行の随伴者|星野博美
見出し画像

時空旅行の随伴者|星野博美

文・星野博美(ノンフィクション作家)

『旅ごころはリュートに乗って』(平凡社)という本を昨年の秋に上梓した。

リュートとはヨーロッパの古楽器で、洋梨を縦に割ったような形状の、棹が90度に折れ曲がった撥弦楽器である。先祖はアラブ世界のウードで、東へ渡って琵琶となり、西へ渡ってリュートになった。ルネサンス期にはヨーロッパで全盛期を迎え、「楽器の女王」と呼ばれるほど愛好された。直線と曲線が調和したその姿形は画家たちを魅了し、デューラーやティツィアーノ、エル・グレコやカラヴァッジョたちに描かれた。が、複雑化を極める西洋音楽の需要に対応しきれず、18世紀半ばに一度、表舞台から消えた。

この楽器に関心を抱くようになったのは、1591年に天正遣欧使節がこの楽器を豊臣秀吉の前で演奏した、と知ったことがきっかけだった。

キリシタンに関心のあった私は、あの時代と自分をつなぐ仲介者のような存在を探していた。時代の手触りを感じられる何かがほしい。同じ楽器を弾いたら、彼らの心情に少しは近づけるかもしれない。「そうだ、リュートを習ってみよう」と、軽い気持ちで習い始めたのだった。

それから8年がたち、いまは諸事情からレッスンを休止しているが、この楽器の魅力を一言で言えば、一度消滅したことだと私は思っている。

宗教音楽に端を発した西洋音楽は、複雑化の一途をたどった。リュートのたおやかな音色は、他の楽器に簡単にかき消されてしまう。そして多くの音階を表現できる鍵盤楽器に負けじと、弦を増やして巨大化したところ、弾きこなすことが困難になってしまった。リュートはその時点で、楽器の生存競争に負けた。

しかし、そこで時間が止まってしまった点こそがリュートの魅力なのである。弾く曲を探すにしても、何百年の時を遡らなければならない。この楽器を弾くには、常に時空を越える必要があるのだ。

天正遣欧使節の演奏も、リュートを手にした後では、まったく異なって感じられる。

4人が秀吉の前で演奏したのは、8年に及ぶヨーロッパ周遊の旅を終えたのちの1591年のことだった。

この続きをみるには

この続き: 869文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。