見出し画像

30歳。最後の恋、終了のお知らせ|大木亜希子

■大木亜希子 (おおき あきこ)
作家・女優。2005年『野ブタ。をプロデュース』で女優デビュー。2010年、秋元康氏プロデュースSDN48として活動開始。解散後、3年間の会社員経験を経て、2018年フリーライターに。著書に『アイドル、やめました。AKB48のセカンドキャリア』(宝島社)、『人生に詰んだ元アイドルは、赤の他人のおっさんと住む選択をした』(祥伝社)。7月21日発売『小説現代』(講談社)では自身初の創作小説を書き下ろして話題になる。

note:https://note.com/a_chan

たった3時間、会話を交わした男のことを好きになってしまった。

この年齡にもなって、そんなことが起きるとは思ってもいなかったけれど。

ある夜、下北沢にあるオーセンティックなバーで飲んでいたら、ひとりの大柄な男が店に入ってきた。

どこかで見かけたことがある顔だ。

男は、新進気鋭の画家だった。

2年ほど前、男がテレビで取り上げられている姿を目撃したことがある。

密着取材を受けているのに、男は少しも笑っていなかった。

さらにその数ヶ月前、新宿駅周辺を歩いていた時も、ある大型ギャラリーの前を通りかかると彼の個展が開催されていた。

会場の入り口で本人が佇む姿を見かけたが、たしかその時も1ミリも笑っていなかった。

男の隣にはスタイルの良い女性が立っていて、甲斐甲斐しく来場者の対応をしていた。

「華やかで、よろしおすなぁ」

そう思った記憶がある。

いずれも私が一方的に男を認知し、目撃しただけだから、私たちのあいだには明確な境界線が引かれ、もうそれは侵食しようがなかった。

しかし、流れ行く景色のなかで、なぜか「あの男」に少し心が揺らいだことを今も覚えている。

その男が今、私の横の席に座っている。ネイビーのシャツに黒いジャケットという出で立ちで。

この続きをみるには

この続き: 3,297文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、心揺さぶるノンフィクション……発行部数No.1の総合月刊誌『文藝春秋』が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツをお届けします。シェアしたくなる教養メディア。

文藝春秋digital

月額900円

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
note.user.nickname || note.user.urlname

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
205
シェアしたくなる教養メディア。100年近くの歴史がある総合月刊誌「文藝春秋」が、あなたの人生を豊かに彩るコンテンツを毎日お届けします。

こちらでもピックアップされています

文藝春秋digital
文藝春秋digital
  • ¥900 / 月

月刊誌『文藝春秋』の特集記事&ウェブオリジナル記事が読み放題。2019年9月号以降の過去記事もアーカイブ。記事単体の購入よりもお得です。

コメントを投稿するには、 ログイン または 会員登録 をする必要があります。