オヤジの話_

赤川次郎さんのオヤジの話。

著名人が父親との思い出を回顧します。今回の語り手は、赤川次郎さん(作家)です。

ひとかけらの記憶

 小学3、4年生のころだったと思う。当時東映の教育映画部長だった父について、日光へロケを見に行った。古い木造校舎と校庭での撮影を眺めていると、カメラマンから、

「坊ちゃん、ちょっと出てみませんか?」

 と声をかけられ、私はびっくりして逃げ出してしまった。

 私と、父、赤川孝一との直接の思い出は、これだけである。

 戦争中、満州映画協会で甘粕正彦理事長の側近だった(その死にも立ち合った)父は、引き揚げ後、東映に入り、NHKの朝ドラ「なつぞら」に描かれた「東映動画」の立ち上げ、日本最初の長編カラーアニメ「白蛇伝」製作に係る(タイトルに企画・赤川孝一の名がある)。

 そういう父の経歴は、すべて人から聞いたものだ。アニメに関しては、後にTV美術の世界で活躍する橋本潔さんの著書「テレビ美術――セットデザインと映像の可能性を索めて」で初めて知った。

この続きをみるには

この続き: 661文字
この記事が含まれているマガジンを購読する
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に幅広いテーマの記事を配信しています。政治家や経営者のインタビュー、芸能人の対談、作家のエッセイ、渾身の調査報道、一流作家の連載小説、心揺さぶるノンフィクション……月額900円でビジネスにも役立つ幅広い「教養」が身につきます。

文藝春秋digital

月額900円

知と教養のプラットフォーム。一流の作家や知識人、ジャーナリストによる記事・論考・ルポルタージュなどを毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも…

この記事が気に入ったら、サポートをしてみませんか?
気軽にクリエイターの支援と、記事のオススメができます!
文藝春秋digital

記事へのご意見・ご感想をお待ちしています。「#みんなの文藝春秋」をつけてご自身のnoteにお書きください。編集部がマガジンにピックアップします。皆さんの投稿、お待ちしています!

ありがとうございます!
4
月刊誌『文藝春秋』の特集記事を中心に、一流の作家や知識人による記事・論考を毎日配信。執筆陣のオンラインイベントも毎月開催中。月額900円で記事読み放題&イベント見放題のサービスです。